データ復旧業者に、依頼を行うメリットとは

サイトメニュー

パソコンの情報について

遺言書を持つ男性

ソフト以外でのパソコンの情報復元の方法

データとはパソコンのデジタル情報のことで、パソコンの画面で画像や文字列として表示さるものも、実は0と1の2進数で表現されており、これら全てがデータとして含まれています。紙の情報と違い、よほどのことがない限り破損することはありませんが、データが破損して起動しなくなったり、誤って消去してしまうことがあります。復旧して今までどおりに見られるようにするにはいくつかの方法があります。ソフト以外での方法だと、ゴミ箱から復元する、以前のバージョンでデータの復旧をする、復元ポイントでパソコン全体を復旧する、三つが自分で復元できる方法です。データは削除されただけではパソコンから消えることはなくゴミ箱に送られるだけで、ゴミ箱を開いて元に戻す操作をするだけなので一つの方法は非常に簡単です。二つの方法である以前のバージョンでの方法は、消去したデータの保存先を参照することから始まります。デスクトップに保存されていたら「C:Users」、次にユーザー名を選択、「デスクトップ」を右クリックして「以前のバージョンの復元」を選択し、復旧時間を選んで復元のボタンを押して完了です。三つめの復元ポイントの場合は、「システムの復元」という機能で行うことになります。その機能を使用すれば誤操作する前の状態に復元できるでしょう。コントロールパネルの「システムとセキュリティ」からシステムをクリックし、「システムの保護」から「復元」をクリックします。次に「システムファイルと設定の復元」で「次へ」を押して復元したいデータを選択し、復元ポイントの確認で問題が無ければ完了をクリックして「はい」を押したらパソコンが再起動してシステムの復元が終わります。